しがらみのない政治

2011年06月02日 (木)

横浜市会第2回定例本会議

 

●議員報酬削減条例案提出

5月17日~31日の日程で行われた第2会定例議会。

4月に実施された全国統一地方選挙にあたり、みんなの党公認・推薦の立場で立候補し当選した14名で構成される会派、みんなの党横浜市会議員団は、市会議員全86名、年2回2年間の計4回の50%ボーナスカットを実施しようとする条例案を市議会に提出した。

趣意として

① Y150において発生した赤字補てん

②残務処理に毎年数千万円の市費が投入され続ける状態への責任。

その赤字額と経費を議員期末手当から補てんしようとするもの。

法案の作成にあたりY150の実施時に民間人だった議員と4月の改選において引退した元市議、市職員の扱いについて、みんなの党会派内で慎重に議論が交わされた。

熟議の結果、

①責任をとる議会、責任をとる議員を目指すという観点から、今現在横浜市政を預かっている市議全員を当事者と位置付け、先ずはその姿勢を明確にする。

②議員自身の意識改革を促進させる要因になる事も含め議員のみを対象とする方向で会派内意見集約、横浜市政全般にわたる経費削減とは異質であることを確認し、今回の条例案からは市職員を除外する事で会派内で合意、本案を完成、提出した。

今後、横浜市職員の長である市長にこのY150議論に終止符を打つ決断を促して参ります。

尚、横浜市議会はこの法案を継続審査とし、続いて今年9月に開かれる横浜市会第3回定例本会議において議論される予定。

●余談

定例会閉幕後、まだ本会議の余韻が残るみんなの党会派控え室に林市長が訪れた。

その際に

「みんなの党市会議員団の皆さん、引き続き是々非々の姿勢で議会に臨んでください。」

という言葉を残して我々の控え室を後にした。

●余談

本案提出にあたり本会議場にて港北区選出みんなの党一期生ホープの豊田有希議員が会派を代表して趣意説明を行いました。

「新人議員には関係ないだろ!」

「議員だけなのかっ!」

「中田(前市長)に言えよっ!!」

「何でもかんでも責任をとるのか!」

議員になってまだ一ヶ月と数日の豊田議員に繰り返し浴びせられるヤジ、毅然とした態度で説明を続け大変立派でした。

この一連の法案提出によって14名で構成されている私たちの会派「みんなの党横浜市議団」の市議会に臨む姿勢が内外共に理解していただけたと信じております。

— 横山 勇太朗 —

2011年05月30日 (月)

節電のお知らせ

 

●神奈川県下全域においてピークカット節電が実施されます。

平成23年6月22日(水)

13時から15時まで

実施時間帯の使用電力を前年同日比で「マイナス15%」が目標。

■ 横浜市ホームページ ■

2011年05月27日 (金)

放射能汚染に関する調査

■放射能に関する情報不足の不信感からか、現在関東各地において市民レベルで独自に放射能汚染に関する調査が進んでいるようです。

私たち横浜市会においては各会派から林市長に放射線量の測定について、より詳細に測定をし、市民へ公開するように依頼しております。

しかし林市長と横浜市行政は「文部科学省のガイドラインに沿って測定しているので問題ない。」という答弁を繰り返しています。

子供を持つ親の心境からは不安に思うのも当然であり、ここ横浜でも、インターネット内においては鶴見区の土壌の放射線量の測定結果が飛び交っております。

ネットに流出しているある調査会社の調査報告書では、鶴見区内の土壌から1000bq/kg弱の放射線量が検出されたというデータがあります。

この事実関係は現在確認中で、この情報は慎重に扱う必要がありますが、仮にこの数値が事実だとしても、安易に不安を仰ぐ材料になることも大変危険なことです。

1000bq/kgという放射線量がどの程度危険なものなのかを正確に理解することが重要です。

専門家に聞いたところbq/kgの単位であるベクレルは放射線を出す能力を表す単位で、報道で良く使われている単位Sv(シーベルト)は人が放射線を受けたときの影響の程度を表す単位なので異なるものとのことです。

「このクラスの放射線量(ベクレル)は想定できる範囲なので、ただちに問題が出るレベルではないだろう」との見解でした。

放射線量が通常より高いのは事実で注視すべき事ではありますが、適正な情報公開と正確な理解をしていけば解決することで、情報公開の不徹底が問題を大きくしていることは否めません。

子供は公園などで砂遊び泥遊びをします。

土が付着した手を口に入れる可能性もあります。

また子供は背が低く地表の空気を吸い込む可能性も高いので、内部被爆はしないかなど心配すればきりがありません。

子供に本当に影響がないのか?

一般の方々からのお問い合わせが多いにもかかわらず我々地方議員も放射能については全くの素人でり情報収集とその発信の方法においても疑問が多く残るため、国は注意すべきガイドラインをしっかりと提示すべきです。

今後もこの問題には注視し続け、適正かつ正確な情報が入りしだい皆さんにお届けして参ります。

2011年05月15日 (日)

緑のカーテン朝顔2011~その2

● 発芽

種蒔きから10日、おおむね発芽してきました。

毎日の水やりが欠かせません。

(母親の仕事になりつつありますが)

この発芽用ポットはそのままプランターへ移植可能な物で、根を傷めずに済むので便利で作業も楽です。

プランターへの移植の目安はポットから根っこがはみ出してきたら。

2011年05月04日 (水)

緑のカーテン朝顔2011~その1

毎年使用しているプランターを洗う                                 新しい土壌を入れてベランダへ運ぶ

種を蒔き、発芽を待つ

 

● プランターの準備

● 種まき

今年で3年目になる自宅の緑のカーテン作り。

今年は本日5月5日早朝に準備に取り掛かった。

3月11日の東北関東大震災による原発被害により、今年の夏は東日本において大掛かりな節電が必要になる事が予想される。

私の住居は二階の西向きの部屋のため、夏、非常に暑くエアコンは24時間近くフル回転になってしまうので、節電に向けて少しでも備えたい。

一昨年に初めて緑のカーテンを実践したのだが、大変効果があった。

冷夏と重なった事もあったのだが、毎年数カ月間フル回転していたエアコンを、わずか数回の使用で過ごせた事を強く記憶している。

直射日光を屋外で遮断する事がここまで効果があるのか、と、本当に驚愕したものです。

今年も節電に期待できると思います。

しかし、、5月に入った現在も涼しい日が続いているので、はたして朝顔自体が上手く育つのかが気がかりですが・・・・

★今回使用する種類

①舞姿(まいすがた)青

観賞用

②茶茶丸(ちゃちゃまる)ピンク

観賞用

③紗矢佳(さやか)赤

観賞用

④バーリーゲート白

美しいシルクのような白。

ツルが暴れるので観賞用に少しだけ使用。

⑤スカーレッドオハラ赤

ツルが細く暴れない。

枝分かれを多くするのでカーテンの隙間をきれいに埋めてくれるので毎回欠かせない存在。

2011年05月04日 (水)

初登庁

●5月2日に横浜市庁舎へ初登庁を済ませ、議員の証である議員バッヂを頂いた。

今回の横浜市会議員選挙において私が党籍を置くみんなの党は、改選前の2名から大躍進をはたし14名になりました。

★改選後の横浜市議会の会派内訳[合計86議席]

30 自由民主党

15 公明党

17 民主党

14 みんなの党

5 日本共産党

3 ネット・無所属クラブ

2 ヨコハマ会

改選前の自公民による3派体制に第4の会派「みんなの党」が加わる構成となりました。

横浜市内の有権者の方から頂いたこの14という数字、これから4年の任期の中で我々みんなの党横浜市会議員団が横浜市のために何が出来るのかを見極めてしっかりと活動してまいります。

政権公約・マニュフェスト・アジェンダという「公約」というものは、厳密には「もしも政権を取ったら」という文々が省略されている代物です。

しかし私たち14名は皆様にお示ししたアジェンダ実現のためにしっかりと市議会において訴え続けそして推進して参ります。

我々は革命を目指すのではなく、時代に合った政治・行政を目指す集団です。

みんなの党へご期待をお寄せくださっている有権者の方々、4年間頑張って活動してまいりますのでどうぞ宜しくお願い致します。

みんなの党 横浜市会議員 横山勇太朗

●みんなの党横浜市会議員団

団  長 : くしだ 久子

副団長 : 伊藤 ひろたか

副団長 : 大桑 まさたか

その他11名の新人を合わせ、14人の会派

本会議は5月17日からです。

2011年04月26日 (火)

お知らせ

●平成4年5月、いずみ野駅南側農道での開催を第一回とし、その後たくさんの方に支えられて毎年その回数を積み重ねてくることが出来ました。

そして現在は泉区の風物詩と例えられるまでに成長いたしました恒例の「鯉のぼり大会」を、今回も地域のたくさんの方々からのご要望により通常通開催致します。

出店者及び運営スタッフ一同たくさんの方々のご来場を心よりお待ちしております。

泉区の空と川に鯉を泳がす会

会長 横山ゆうたろう


第20回鯉のぼり大会

■会場/日時

平成23年5月3日・4日 ( 雨天決行)

3日10:00~15:00

4日9:30~14:00

泉区役所北側の和泉遊水地第4池

尚、会場をお借りしての市会議員横山栄一後援会青空総会を解散総会といたします。

●総会 5月3日

11:00受付開始

11:30開会

※ 雨天の場合、総会のみ翌4日へ順延

2011年04月22日 (金)

全国統一地方選挙 前半戦

 

●横浜市会議員選挙 泉区

横浜市会議員としての正式な任期は4月30日からで、4年の任期が始まります。

初登庁は連休の都合で5月2日です。

その日は議員バッヂをいて、防災服の寸法を測る予定、一時間程度です。

儀式的な意味合いが強いのですが、新人にとっては各々の記憶に深く刻まれる日になるでしょう。

●昨年実施された補欠選挙の結果

2011年03月19日 (土)

被災地支援募金

 

●本日午前中、街頭での募金活動ではなく、私と親交の深いグループに出向いて募金活動をしてまいりました。

今回の震災に対し街頭以外での募金は初、顔の見える募金ですので「義援金を募る」という表現の方が正しい様です。

99%の方が自転車で訪れる定例会でしたので、財布を持たない方、小銭入れだけの方ばかりでしたが、それでも多くの方が持ち合わせのお金をありったけ募金して下さり大変感謝しております。

わざわざ仲間に借りて募金して下さった方も少なくありませんでした。

ほんとうにありがとうございました心よりお礼申し上げます。

■3月19日現在

3月11日午後2時46分、東北地方宮城県沖を震源としたマグニチュード9.0の地震が発生しました。その後東日本沿岸部においてマグニチュード7クラスの大余震を数回誘発し、結果的に東日本太平洋沿岸約500kmにわたり津波が押し寄せ甚大な被害をもたらしました。

3月19日現在、その犠牲者は6,900名以上確認され、阪神淡路大震災を越え自然災害としては国内最大のものとなりました。そしてその犠牲者の9割が津波によるものと言われています。

又、安否確認のとれていない方は19,000人以上となっており、現在避難生活を送っている方々含め、その情報収集と支援に全力で取り組んでいかなければならない状況が続いています。

■政府案可決に憤慨

今月来月実施予定の全国統一地方選挙にあたり、その延期につて衆参で法案が可決されました。

●地方選挙の部分的延期【岩手県・宮城県・福島県の3県のみ対象】

みんなの党以外の政党により可決

●全国レベルでの延期

みんなの党が提出した法案、みんなの党以外の政党により否決

われわれ国民はこの国内最大、未曽有の大震災に対し国民一丸となった支援が必要不可欠であることに間違いはありません。

福島原発についても一向に予断を許さない状況が続いています。

震災直後、この神奈川県においてもガソリン不足や品物買占めが起こっています。

そして輪番停電も繰り返し実施されております。

こういった混乱に近い状況下において、これから徐々に開始されるであろう被災者の受け入れ支援等、一般の方々でも容易に予想の出来る事であるはずです。

誰が見ても「想定外」ではなく「想定内」です。

世界各国が支援提供を申し出ている最中、日本国内は選挙選挙。

世界各国はこの現状をどう思うのでしょうか・・・・・・・・

2011年03月08日 (火)

夜間(深夜)ゴミ収集

 

●ゴミの収集を夜間にしたらどうなる?

現在日本国内の地方行政において、夜間・深夜のゴミの収集が実際に実施されている地域があります。

賛否は別れますが、肯定的な住民の方が多いようです。

やはりデメリットとして一番最初に思いつくのが、「騒音」。

外国においては夜間のゴミ収集は一般的ですが、日本の場合、その路地の狭さや一般的住宅敷地の狭さからから起こる、集積所と寝床との距離の短さが騒音という発想へ繋がりやすいのでしょう、気になるところです。

夜間ゴミ収集について調べてみると、実際の事例に基づく意見や感想が多く記述されていますので、まとめてみました。

●メリット

→ カラス被害がゼロ

→ 夕飯終了後その日に出せる

→ 服装等身支度が楽になる

→ 共働きで帰宅が遅くても出せる

→ 朝のせかせかがなくなる

→ ゴミ収集車による渋滞がなくなる

●デメリット

→ ゴミ集積所の付近の方には騒音が気になる

→ ゴミ分別のマナーが悪くまる

→ 今までにはあったコミュニケーションがなくなる

→ 夜間のゴミ出しに行くのが怖い

メリットとして目を引くものがあります。

カラス被害が『ゼロ』

現在、行政やら自治会の方たちを一番悩ませている項目だと思います。

かくいう私も「どうしたらゴミのカラス被害をなくせるのか」と言った観点から夜間収集へたどり着いたわけですが。

カラスは鳥なので鳥目、鳥は夜に飛べない生物です。

カラスによるゴミ被害は限りなくゼロに近づくことは間違いありませんね。

しかし『ゼロ』というのは一発逆転満塁ホームランといった印象ですので、正直言って捨てがたい項目です。

しかしそれに伴い今度は副産物として野良猫や野良犬の被害が出てくるかもしれませんが、これについてはしっかりと検証していくべきでしょう。

その他にも多くのメリットが上がっております。

朝の急いでいる時間帯、この時間の渋滞解消というのも凄い結果ですね。

さてデメリット

やはり『騒音』についてのデメリットが気になります。

しかしいろいろ掘り下げて調べていくと、気になった、目が覚めた、というのは最初の数回だけであとは気にならなくなった、直ぐに慣れた、という声もあります。

個人差でしょうか。

ゴミ分別の『マナー』が悪くなった、という結果も出ています。これは無視できない項目です。現在横浜市はG30によってゴミ出しの分別がされています。せっかくここまで一般の方々の分別意識が定着したものを壊してしまう様な事は何としても避けたいものです。

これについても私なりに主婦の方々にヒアリングを行っておりますが、聞いてみると

「・・・・・なるほど!確かに良いかも!!」

といった反応が大半です。

さてさて極少数でしょうが、これを読んだ一般の方々はどのように思う事でしょう。

☆みんなの党は [生活重視] を旗印の一つに掲げる政党です。

この様なアイディアも受け身ではなく積極的に上げて発信してまいります。

※ゴミ夜間収集、なにやら他の議員や候補者に盗まれそうなネタです。

※一般の方々の生活は少し変わるだけなのに対し、カラスのみならず毎日その収集作業に携わって頂いている資源循環局の職員の方々の生活スタイルまで一変してしまうこのネタ、「えいやーっ!」では済まされませんね。

☆毎朝毎朝ゴミの収集作業、そして意外と一般の方には知られていない泉土木事務所裏での細分別作業、大変ご苦労様です。勇太朗

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ