しがらみのない政治

2010年10月16日 (土)

消防署・消防団による遠距離送水連携訓練

ちょっと離れたところからコソッと撮影                                   私の班の積載車。5人乗りで装備も充実しております。

お隣の班の積載車。2人乗り軽自動車で年代物、当然軽装備です。                      最後方から放水をコソッと撮影

●10月16日泉区新橋町の戸塚自動車学校において、消防署と消防団の合同訓練が行われました

参加消防団は泉区内全5分団以下合計15班より代表団員が6名前後集まった大掛りな訓練となりました

私の所属する第三分団一班は当番だったので実演部隊として訓練に参加したため非常に疲れた一日でした

毎年行われるこの訓練ですが、今年は天気暑かった・・・・

もっとも送水訓練なので当然濡れます

例年通り寒い天気よりは全然助かりましたが・・・・・

●訓練内容

防火水利から20mホースを10本連結、200mごとに移動式ポンプを設置、これが3セットで一線延長、600mの一線延長による送水の連携、そして連携による放水訓練

3台のポンプに従事する団員は、送水開始、そして送水中の水圧の調整を無線を使って行う必要があります

ポンプが壊れるのでここはしっかりと勤めなければならないポジションです

要するに、600m延長するためには3台の移動式ポンプが必要で、ポンプの操作に息を合わせる必要がある、って事ですね

ホースを運ぶ際に左手の親指、痛めてしまいました

2本担いで運ぶのはさすがに息が切れますね

●消防団の役割りは、火災・災害発生時において、本職消防員が到着するまでの間の初期消火・初期救出です。地元の団員だから隣近所の家族構成や、裏路地などの地元ならではの情報の提供にとても効果を発揮します。

※ 真面目な訓練で自身参加なので、写真はあまり撮れませんでした。

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ