しがらみのない政治

2011年10月15日 (土)

決算特別委員会-Ⅰ

 


●交通局

平成23年10月7日に開かれた決算交通局特別委員会において、みんなの党平野和之市議(神奈川区選出)が、横浜市交通局が運営している、市営地下鉄及び市営バスの「ワンコイン」の導入に向けて検討をするよう求めたところ、当局局長より、前向きな答弁を引き出した。


●「ワンコイン」

とは、一区間だけ利用する乗客のみ大人100円とする料金システム。
現在固定化している乗降客層以外でも、100円になったことにより普段利用しない人も気軽に利用するようになり、新たな客層が見込めるというもの。
現行は大人200円
このワンコインという物は、その支払いの手軽さ、分かり易さから現在日本中で多くのサービス業で検討もしくは導入され始めている。
地下鉄に至っては、駅改札にある券売機の料金改定のみの処理で済むため、追加設備投資などもなくまた、技術面でも負荷が無いに等しいと思われる。


みんなの党横浜市会議員団としては、全面的に料金システムの導入を後押しする。

 

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ