しがらみのない政治

2011年09月03日 (土)

成果と不成果

※教育委員会が保護者様に作成した物                                         ※ 教育委員会から全公立小学校への通達

 

※教育委員会が保護者様に作成した物

 


みんなの党横浜市議団が7月26日横浜市長に提出した「放射能対策緊急要望書5項目」の中で、4番目に記述した項目について。

かねてより横浜市内の公立学校にお子様を通わせている親御さんから頂いていた根強い要望の中の1つ、

●要望第4項

「学校給食において、弁当持参の選択肢について保護者への通達を徹底することを要望する。」

について、横浜市の2局より8月31日付けで下記回答をいただき実行される予定でした。

●回答

これまで学校長には、水稲持参・お弁当持参について柔軟な対応をお願いしてきましたが、このたび教育委員会より保護者あてに、「弁当・水筒持参等のご希望については、各学校にご相談ください。」とお知らせしました。

しかし、この回答を頂いてわずか1日で我々や保護者の方々を驚愕、失望させることとなった。

各学校の判断でその内容に手を加えられて保護者の元へ届いていたという事実が判明、保護者の方を大変失望させる結果を生みました。

 

■削除された文面

2 弁当持参等について

弁当・水筒持参等のご希望については、各学校にご相談ください。

その他にも学校独自の判断で加筆処理がなされた文面も配布されたとの報告を受けております。

この事態を把握した横浜市教育委員会は、全小学校に対し、「教育委員会事務局が各校長へE-mail送信した物をそのまま保護者に配布するように。」という内容で再度通達、結果加工前の紙と加工後の「「二種類」」の通知を手にした保護者が存在するという現象が発生した。

この事実は、公立学校に対する保護者の不信感を一気に増幅させたことと思います。

先ずは

①    システム、つまり教育委員会の発行する通達文章の法的位置づけ

②    削除・加筆を行った理由

を徹底的に調査していただきます。

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ