しがらみのない政治

2011年07月17日 (日)

発電事情について日本と世界を比較してみる。

 

このグラフは全世界の国のデータのアベレージを記してあるので、対日本とすると違いは見えます。

この中から先進国だけを抽出して数値化してみると原子力発電の比重は日本とさほど違いのない結果になります。

●放射能対策

ここで皆様に読んでいただきたいのはやはり放射能について。

放射能に関する情報は日進月異で発表されています。

やはり感じるのが、政府の対応の遅さ、あいまいさではないでしょうか。

放射能対策について政府がどのような段階を踏もうとしているのかは、一地方議員である私にも、そして一般の皆さまにも残念ながらわかりません。

経験をした事のない災害対応ですからその対応も遅れるのは当然の事でしょう。

しかしこの放射能問、世界中には経験国があるのですから、私はその国の基準や対応策を基本として実行すべきだと強く思います。

天災の後の人災を最小限に食い止めるためには、原発事故発生直後に今回日本国政府によって設定された暫定基準値の見直し、ここから早急に取りかかるべきです。

政府はいつまでこの【仮の数値】、暫定値を基に放射能対応を進めていくのでしょう。

手遅れなどという言葉は存在しません。

早期対応に努めていただきたいものです。

●暫定値(暫定基準値)

正式な値ではなく、一時的な目安などとして臨時に設定された値。

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ