しがらみのない政治

2010年09月09日 (木)

世界最大のブナ林


●平成5年世界遺産に登録された白神山地世界遺産

地元で参加している団体において、青森県と秋田県をまたぐ広さ世界最大を誇るブナ林、白神山地へ視察へ行きました。

縄文杉・弥生杉で有名な屋久島と同じ時期、平成5年に世界遺産に登録されたこの17000ha白神山地。

中心部は、伐採などの人の手が全く入っていない原始的な状態のままだそうで、この森の中において8000年以上にわたって沢山の種類の植物・動物が共に世代を繰り返してきているとのこと、全く気の遠くなるような年月です。

私が立ち入ったところは指定域の外の人の手が入って遊歩道が整備されているブナ林でしたが、大変気持ちの良いところでした。画像で伝わるかどうか・・・・・・・

※数枚撮影したところで何とデジカメが故障!壊れる物なんだな、と思った。

■横浜市内の緑地が物凄いスピードで減っています。

日本人ははるか昔から緑と共に生活をして、文化を育んで、そして世代を繋いで現在に至っています。

酸素が必要だから、、等という観点からではなく、生物的、潜在的な観点から緑の無い生活が人間、日本人にどの様な影響を与えるのか、本当に心配です。

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ