しがらみのない政治

2012年11月27日 (火)

拡大解釈の賜物

第4回横浜市会定例会が11月29日より12月19日の日程で開催される予定です。

※解散総選挙のため、日程変更

 

11月9日より12月25日まで

 

私は12月20日の本会議場における代表質問にて市長に直接質問する機会を頂く予定になっております。

 

その中で絶対に確認しておきたい事があります。

 

市民税増税によりかき集める年間約9億円を正しく使う事が出来るのか、について。

 

国では震災復興予算の使途の一部が国民の想像とかけ離れていた実態がマスコミで取り上げられ、多くの方々が怒りを覚えたことと思います。

この原因は何かと言うと、

 

「拡大解釈」

 

という一言に尽きます。

さて、市民税増税分、当然ながら使途に制約が設けられています。

それは「防災減災事業に充てる」という旨。

何かに似ていますね。

こういった事を危惧してみんなの党横浜市議団は市民税増税に反対したのですが、結果賛成多数で可決されました。

 

予算執行の決定権は議会に在ります。

 

確実に議員の責任です。

 

今後の予算執行結果は多数決によりますが、我々は拡大解釈を徹底的に追及してまいります。

 

 

 

NHKスペシャル   追跡「震災復興予算19兆円」 より

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ