しがらみのない政治

2013年03月06日 (水)

平成25年度予算審査病院経営局

平成25年度予算特別委員会の局別審査において会派を代表して「病院経営局」の平成25年度予算審査を担当し、 以下の4テーマ20問における当局の認識を質しました。

1 病院の運営について

 

① 本市として、これからも市立病院の運営を継続していくのか

② 病院の通常の運営に係る収益的収入において、一般会計からの繰入金の額は、平成24年度と比較して、平成25年度はどうなのか、市民病院、脳血管医療センター、合計について

③ 平成25年度、減額になっていますが、その理由は何か

④ 病院の投資に係る資本的収入において、一般会計からの繰入金の額は、平成24年度と比較して、平成25年度はどうなのか、市民病院、脳血管医療センター、合計について

⑤ 平成25年度、減額になっていますが、その理由は何か

 

2 人事給与改革について

 

① 病院経営局として、独自に、これまでどのような人事給与制度改革に取り組んできたのか

② 事務職、医療技術職の給与の見直しを行ってこなかった理由について

③ 今後、事務職、医療技術職の給与制度の見直しは行わないのか

④ 事業管理者の他に病院経営局として、これまでどのような人材を外部から登用してきたのか、

⑤ 専門知識の必要な病院現場の事務責任者である管理部長に外部人材の登用を行う考えは無いのか

 

3 脳血管医療センターの経営改善について

 

① 経営プラン初年度にあたる平成24年度、脳血管医療センターにおいて、どのような取り組みを行ったのか、その結果、収支改善は図れているのか

② 平成24年度患者数は、平成23年度に比較して、どのように推移しているのか

③ プラン中間年である平成25年度は、どのような取り組みを行うのか、また、課題は何か

④ プラン最終年度の平成26年度には、目標である6億円の収支改善は可能と考えているのか

 

4 市民病院、脳血管医療センターの経費節減について

 

① 脳血管医療センターにおいて、診断に基づいた節水プランを導入するに至った経過について

② 費用はどの位かかり、どのくらいの節減効果が期待できるのか

③ 市民病院において、蛍光灯をLEDではなく、CCFLを選択するに至った経過について

④ 費用はどの位かかり、どのくらいの節減効果が期待できるのか

⑤ 市庁舎に1億5千万円を投入し、約4千本の照明をLED化したことについて、副市長の感想を伺います。

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ