しがらみのない政治

2013年05月15日 (水)

99億と言われてもねぇ・・・

 

鉄道建設・運輸施設整備支援機構と相模鉄道は23日、開業時期を2015年度内から2018年度内に変更し、建設費が約683億円から約782億円に増額すると発表した。

4月26日、私の所属している建築・都市整備・道路常任委員会において神奈川東部方面線(西谷~羽沢間)「相鉄・JR直通線」の工期延長と建設費の増額が報告されました。
4月下旬に新聞紙面に記載された内容です。
つまり工期3年延長99億円の増額。

工事関連は私の得意分野ですので、今回この工事の複雑さや難しさからくる工期の延長は無論理解できるものです。
が、どうしても増額費が目に付く。
この操作した感がプンプン漂う「99」という数字。
我々市会議員はこの提示された「99」を信じてそして市民に納得してもらわなければいけないのでしょうか?

いくら概算だと言ってもこの「99」というオモチャの様な数字と、それを提示する団体自体を我々はどう評価したらよいのか…
と、苦言を呈しておきました。

ちなみに本市横浜の負担按分率は2/9ですので22億円となります。

 

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ