しがらみのない政治

2013年06月15日 (土)

Y150騒動は強制終了?

横浜市会第二回定例会の最終日である5月30日、開国博Y150に関連した議案が賛成多数で可決されました。

「Y150の清算に伴い、不足金を支出する」という内容の市24号議案と、その具体的な数字約2.6億円が加算されている市第33号議案一般会計補正予算案です。

私たち会派は、当時運営した協会が負うべき責任であり、横浜市が不足金の支払いを負う責任はありませんので議案に反対しました。

横浜市が今回この議案上程に至った経緯も不思議ですが、これを議決してお金を払ってしまう横浜市議会、摩訶不思議なところです。

しかし、支払うという事は横浜市は責任を認めたという事でしょうか?

 

【解説】

イベント企画運営を請け負ったADK(アサツー ディー ケー)という会社がY150協会と横浜市を相手取り訴訟を提起しているのですが、ADKの債権者はY150協会です。

しかし、この協会に支払い能力がないという事で、近くにいる横浜市を関連団体として訴訟したものです。

横浜市の立場は現在判決待ちであり、この判決結果は横浜市責任無しが濃厚と思われます。

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ