しがらみのない政治

2013年06月20日 (木)

削減可決

 

6月20日開催の臨時市議会にて横浜市特別職員及び一般職員、そして我々市会議員の報酬の削減条例が可決しました。
議員については10%のカットです。

これを聞いて皆さんはどう思われるでしょうか。

解説してみますと、平成25年7月1日より平成26年3月31日までの9か月間という期限付きの条例です。
つまり恒常的な条例改正ではなく、いわゆる時限条例(サンセット条例)というものです。
これは国会議員が3・11の震災後に実施した削減特措法を受けてのものなのですが、彼らは平成24年5月1日より23カ月間の期限で実施しています。
横浜市は9カ月間、腑に落ちない話です。


過去にみんなの党横浜市議団は国会議員に合わせた削減比率である約13%カットの議案を横浜市議会に提出していますが、反対大多数で否決されています。
今回の内容は満足のゆく物ではありませんが、10%削減は一歩前進ということですので賛成しました。


さて期限付きのこの特例条例、来年の4月1日からあっさりと元の額に戻るのか否か、気になりますね。

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ