しがらみのない政治

2013年08月29日 (木)

横浜県!?

8月1日現在の横浜市の人口は3,701,971で前年同月と比較しますと4,545人増となっています。

 

日本国が既に人口減少化に転じている中、この横浜市民人口の増加傾向は2021年まで続き、その後減少に転じるという推計が横浜市より発表されています。

では県域はどうなっているのでしょうか。

神奈川県は9,079,363でここ数年は約1万の増加が見られます。

 

市と県の人口を比べてみますと、横浜市民が神奈川県人口の4割以上を占めるといったバランスになっています。

 

さて、表題の通り横浜市(370万)を神奈川県(907万)から独立させて「県」に例えてみます。

すると横浜県はなんと新48都道府県中11番目にランキングします。

因みに横浜の抜けた神奈川県はというと8位になり依然トップ10内に収まります。

都道府県別人口順位で大阪を抜いて現在2位の神奈川県がいかに大きいかがわかります。(因みに最下位は58万人の鳥取県)

 

私は議員になる以前より神奈川県と横浜市の位置付けに興味を持っていて、県と市の二重行政について調査をしております。

許可する権限だけが県に残っていて実務は市役所が行っている、こういった形の行政作業が非常に沢山あります(※区役所も丸ごと横浜市です)。

さらにこれは行政だけの話ではなく私たち横浜市議と横浜市内選出の県会議員(42名)もしかり。

二重議員と揶揄する声もあります。

 

林文子横浜市長も肯定しているこの横浜独立大改革。世論の同調と喚起があって初めて本格的に議論が進むものです。

必ずや決着を付けたい最も大きな行政改革の一つです。

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ