しがらみのない政治

2013年09月26日 (木)

今更ですが待機児童について

7月25日に実施された横浜市長選挙において林文子市長は2期目の当選をされました。

林市政4年間の最大の成果として掲げられていたのが「横浜方式による待機児童ゼロ達成」でしょう。

目標であった「ゼロ」に対し成果が「ゼロ達成」ですから100点ですね。

 

さてこの華々しい成果、「ゼロ達成」という誰でも理解できる単語に目が集中してしまいがちですが、「横浜方式」「待機児童」という単語に着眼し深掘りする人はいない事と思います。

とう訳で本領を発揮して市民の皆さんにありのままを報告します。

 

解説してみますと横浜方式とは、横浜独自の待機児童のカウントの方式という解釈も含んでいます。つまり待機児童とは何かを定める「定義」も横浜独自の物であり、それに沿って数えた未就学児がそのまま待機児童数となって公表されます。

 

入園を希望したのに入園出来ず、止む無く・・・

①「育児休業を延長した場合」全部除外

②「仕事を辞めた場合」一部が除外

③「内定した仕事を辞退した」一部が除外

④「自宅で求職活動をした場合」全部除外

 

正直言って他都市と比べると除外要因が多いです。

 

さらに深刻な事態に陥ります。今回ゼロと大々的に公表してしまったので、行政サイドは今後長期間にわたり①~④は待機児童数と見なさない(みなせない?)状態が続くという事です。

職員の肩を持つ訳ではありませんが、「上が決めた事です」と言えず最前線で非難される窓口職員の胸中お察し致します。

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ