しがらみのない政治

2013年10月19日 (土)

地産地消

地産地消、皆さんご存知の事と思います。

すでに国内においては市民権を勝ち取ったかのごとく巷【ちまた】で使われている言葉であり、横浜市会においても是として使われている言葉です。

この地産地消、地域生産地域消費の略語なのですが、何が目的で推進されているのでしょうか。

 

物流にはコストと時間がかかる、搬送によってCO2も排出しているので、

「物流の範囲を狭める事は我々消費者にとっては安価で新鮮、環境にも良いですよ~」

という名目です。

 

現在日本国は、CO2排出量の抑制に研究開発費も含め多くの税金を投入したり、日常生活における便利を犠牲にしています。

ゴミの分別の推進もそうですよね。

 

さて、温室効果ガスの中で、温室効果(熱を吸収する効果)が大きいのはメタンやフロンです。

しかし、排出量の割合を見るとCO2が全体の9割以上を占めています。

ですので、温暖化抑制のための効果として手っ取り早いであろうCO2排出量の軽減、

ここに途方もない課題の解決のため長期的に取り組んでいる状況です。

世界的に見渡すと国家間でCO2の排出量に上限を設けているので、守れない場合、排出量の売り買いまで行われています。

目には見えず数値のみで評価を行うこの非常に厄介な課題、私は「温暖化おばけ」と呼んでいます。

 

さて自論です。

先祖代々特定の地域に住み続けている人は、長期間その地域特有の水、土や空気、特産物といった環境下で生活を営んでいるため、特定の物質で肉体が構築されて子孫へ受け継がれていくと思われます。

つまり、DNAのレベルまでその要素の影響を受けている地域一体型人間、という話です。

この地域一体型人間にとっては地産地消、身体に負荷が少ないのだろうなぁ~と思います。

私は先祖代々同じ地べたに済み続けているので該当する人間なんだろうな、とおもいますし。

【泉区】や【横浜市】といった地名や行政区という線引きがされるずっと以前からの話です。

突飛な仮説ですが皆さんはどう思いますか?

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ