しがらみのない政治

2014年01月03日 (金)

政党と会派

 

引き続き、みんなの党の横山勇太朗です。

さて、みんなの党国会議員の大量離党がありました。横浜市議会はどうかと言うと、やはり離党者がでました。離党市議、その数10名、残った議員はわずか3名という状態です。

突然のTVK集団記者会見で離党表明が行われたため大きな遺恨を残しました。

政党を辞める場合は離党。では会派とは何でしょう。

会派とは、議会の中にだけ存在し、そのメンバーは政党問わず一緒に行動する事が認められている議会独特のグループです(※派閥とは全く違います)。

設立も解散も構成員も全て公式な書類を作成し、議会で受理されるものです。

そしてその書類には会派の長(団長)の印鑑がなければ無効です。

つまり会派における最終決定権者は団長という事になります。

しかし、今回の離党者にはその団長も含まれているため、私個人の意思では手続き上どうにも出来ない縛りが存在します。

各会派には市庁舎内に団体用の部屋が与えられて机を並べ仕事をします。

各種仕事も分担し、メンバー同士がお互い信頼しあって成り立っています。

つまりメンバー同士の信頼関係が無ければ成り立たないグループです。

時期的に一番混乱する議会開会中の離党、しかも突然でしたので多くの信頼関係が損なわれました。

国会議員ですら国会の混乱を避けるため、国会閉会後に離党を実施しました。

市庁舎内の自分の机に重要な物を置けない日々が続いています。

一刻も早く会派を分裂(分派)すべきでしょう。

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ