しがらみのない政治

2014年05月05日 (月)

5000人増

 

平成26年度予算が可決、執行され1カ月が経ちました。
泉区においては、相鉄ゆめが丘駅周辺開発促進のため予算が配分されております。
と言っても26年度中に目に見える変化は起こりませんが、関係者の動きや事務方の動きが顕著化してまいります。
ゆめが丘駅周辺開発は現在の耕作地から居住スペースへの転換を前提として計画が進められているのですが、この開発により夜間人口は約5000人の増加が見込まれています。
夜間人口と言うのは夜間に生活している人、つまり概ね住んでいる人を指します。
5千人という数字は非常に大きなもので、その日常生活を支えるための商業施設誘致や各種インフラの整備について今後徹底した準備が必要とされます。
駅は市営地下鉄下飯田駅も接地していますので、電車移動については非常に恵まれたエリアと言えます。
一つの街が誕生するのですが、稼働世代と言われる働く世代の流入が見込まれておりますので、活気 のある街が誕生するようです。

 

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ