しがらみのない政治

2014年06月04日 (水)

首長不在の議会

 

平成26年第2回横浜市会定例会が5月13日より6月3日の会期で開催されました。

既に新聞等マスコミでご案内の通り今回の議会は市長不在でした。

横浜市会も魑魅魍魎が跳梁跋扈すると例えられる国会同様に、多くの噂が飛び交う世界です。

私としては秘書課発表の通り、狭心症の疑いで療養中というのがそのまま、6月1日時点の私の見解です。

 

さて、今回の議会は一般質問(代表質問)が行われました。

各議員が横浜市政に対して注力している分野を本会議場にて首長にダイレクトにぶつける事の出来る貴重な機会であり、この一般質問は本会議場における発言機会の中では一番の花形として扱われ、各議員が出番を待っています。

しかしながら、市長が不在でしたので横浜市条例に則り副市長が代行を、つまり答弁をしました。

任期4年間の中で1回も廻ってこない議員が多数いる現状、今回登壇した議員はアドリブ無しのロボットの様な代行者の答弁、拍子抜けだった様です。

林市長の一日も早い公務復帰が望まれます。

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ