しがらみのない政治

2014年09月07日 (日)

たばこ税

 

先日地元の方とお茶を飲んでいる時にたばこの話が出ました。

横浜市において近年喫煙者は肩身の狭い思いを強いられている状況で、たばこの話になると愛煙家の人達は「せめてもの抵抗を」と、たばこ税の話に持ち込みます。

という事で今回はたばこ税について綴ってみます。

 

先ず横浜市平成26年度当初予算の中で、たばこ税収は幾らかと言うと、約238億円が見込まれています。

と言ってもこの238億円という金額、横浜市(3,709,777人)の総予算は3兆5153億円と途方もない額ですので、割合にしますとわずか0.7%弱程度です。

市民一人当たり年間約6,500円の行政サービスに相当する計算になります。

有難味が有るのか無いのかピンとこない数字ですので他の例も書きます。

 

ご当地泉区(154,479人)のご近所に海老名市(129,207人)という基礎自治体(※)があります。

この海老名市の平成26年度予算の総計は655億円となっております。

海老名市内の全行政サービスをこの655億円で維持していますので、いかに横浜市のたばこ税収入238億という数字が大きいか感じて取れます。

因みに観光地として有名な箱根町(13,202人)の総予算は144億円程度です。

私もたばこを吸いますが、この238 億円、大切に使わせていただきます。

 

※基礎自治体

国の行政区画中最小で議会を有する団体の総称

地方公共団体は、議会を有する団体の総称

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ