しがらみのない政治

2015年02月16日 (月)

水素ステーション

 

泉区上飯田に水素ステーションがオープンします。
FCVという水素を燃料とした自動車の補給用で、仕組みは燃料電池で水素と酸素の化学反応によって発電した電気エネルギーを使って、モーターを回して走る自動車です。
ガソリン自動車が、ガソリンスタンドで燃料を補給するように、燃料電池自動車は水素ステーションで燃料となる水素を補給する事になります。
排気が水蒸気だけという事や、エネルギー効率がガソリン車の二倍近いなど、とにかく良いこと尽くめ、期待ができます。
さて、こういった新しい物が世の中に出現しますと色々な分野に波及します。
とりわけ私自身は消防団に入っておりますので、大地震直後や火災時における横浜市消防局や消防団の対応について疑問です。
水素ですので水素爆弾を連想してしまいます。
私の近所ですので、出動の義務があります。
しかし全く素人の私たちには近寄ってよいのかどうかすら分からないのが現状です。
この疑問、3月2日の議会で質問してみる事にしました。

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ