しがらみのない政治

2015年06月23日 (火)

夏休みって?

 

夏休みは何のためにあるのでしょうか…。
横浜市立の小中学校ですと7月下旬から8月末までの40日間程です。
皆さんは「暑いから」と予想する事と思いますが、皆さんのお見立て通り第一理由は「暑さよけ」という事の様です。
因みに調査で知った事ですが、北海道では冬休みと夏休みはほぼ同日数との事、ビックリですね。
各市町村の教育委員会で決められるので。

さて、暑いので学校での勉強には向いていない、という理由なのですが…
横浜市は平成25年度をもちまして学級教室への空調機器(冷暖房)の設置が終了しました。
春休みは進級進学のための準備期間と捉えて一定の春季休業期間を設ける事は合理性があると思います。
しかし、それ以外の長期休業期間については見直すべき部分もあるのではないかと思います。
国や横浜市では現在、公立学校の教職員(先生等)の定数を少子化に合わせて合理化しようという動きがあります。
議論の中で教育現場の実態が精査されてゆくのですが、同時に長期休業期間につての議論も進めてみたいところです。

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ