しがらみのない政治

2015年11月24日 (火)

線引きの話

 

皆さまこんにちは。

横山勇太朗です。

私は当選以来、議員としての活動をより多くの皆さまへお伝えするため、タウンニュース紙面にて市政報告を掲載してきましたが、今号で100回となりました。

今後も1回400字を目安に綴って参ります。

引き続きご愛読の程よろしくお願いいます。

今回は1千文字です。


さて【建物】の定義

をご存知でしょうか。

調べてみますと「土地に定着する工作物のうち、屋根、柱および壁を有し、原則として人間の居住、作業空間、物品の保管等に用いられる建築物」だそうです。

では【屋根】の定義は何でしょう。「建物の最上面をなし、日光や雨・雪をさえぎり寒暑を防ぐための覆いとなる部分」だそうです。

引きの話に入ります。横浜市内の全ての土地は、市街化区域と市街化調整区域に分類されておりまして、この調整区域に指定されている土地は、使途に制限が掛かっています。

読んで字の如くですが、市街化を防ぐための制限です。

理由は乱開発を防ぐという物なのですが、では何故、乱開発は防がなければならないのでしょうか。


理由は自然の保護!

が第一ではありません。

極端な例で説明します。

とある人が人里離れた山奥に家を建てた場合、行政は忙しくなります。

何故かと言うと、人の生活が憲法で保障されているからです。

それゆえ行政は、一軒の家のために道路・上水・下水・電気・街路灯等々を施さなくてはなりません。

莫大な額です。

その後も半永久的に行政管理修理が必要となります。

つまり効率良く税金を使う手段として、この区域区分制度は存在しています。


とは言っても、

行政によって強制的に線を引かれている様な感覚ですので、

「何で家を建てちゃダメなの!?」

とか

「何とか建たないか?」

という相談が後を断ちません。

なんせガレージですら屋根があるので規制の対象です。泉区の半分が調整区域です。

私への相談の6〜7割が調整区域に関する事柄です。

耕作面積市内一位!ビバ泉区!


後書き

市街化区域及び市街化調整区域区域区分

通称:線引きは、昭和45年の決定以来、6〜7年ごとに1回見直されながら現在に至っています。

前回まではその線引きの権限は神奈川県にあったのですが、松沢成文前県知事時代に、横浜市にその権限が委譲される事が決まりました。

平成23年から線引き見直しに関する作業に着手し、27年11月にその素案が公開されました。

今後その素案に修正が加えられ、平成29年内に決定・告知の予定です。

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ