しがらみのない政治

2016年01月07日 (木)

一般質問とは何ぞや

 

新年明けましておめでとうございます
昨年は私自身初の改選の年でしたが、泉区の沢山の方々に応援を頂き、当選することが出来ました。
2016年、本当に良い年を迎えることが出来ました。ありがとうございます。
今年も月に2回を目処にタウンニュースへの掲載、HPへのUploadをして参りますのでご愛読の程よろしくお願いします。


さて、昨年末の市政報告のとおり、昨年12月9日の本会議場での私の質問と、それに対する市長の答弁について解説してまいりますが、今号についてはまず質問システムについて解説します。
市長に直接質問する公式なシステムは沢山あります。
今回私が行った質問の種類は一般質問というもので、横浜市政に関する事なら何でも市長に質問できるというシステムです。
自分の関心のあるトピックを自由に質問できる訳です。
質問形式ですが、質問者は沢山の質問を一気に投げかけて、それに対し市長が一気に答弁するという形式です。
つまり会話のやり取りによる熟成はありませんので、作業が坦々と消化されてゆく感覚です。
質問者としては時間の制限もありますし、間違った事も話せません。調査による細かい数字なども質問の中に盛り込みますので、暗記もしきれません。
そのため、見てくれは良くありませんが、原稿を読みながらの質問になります。
この原稿を読む行為も坦々と消化、という感覚に拍車をかけているようです。

次回より質問と市長の答弁の解説を掲載して参ります。

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ