しがらみのない政治

2016年02月02日 (火)

新市庁舎建設のスケジュール

 

昨年の市会本会議で市長に質問しました。

報告いたします。

新市庁舎は平成32年6月のオリンピックパラリンピック東京大会開催(夏季五輪)に合わせた時期に開業を予定しているわけですが、建て替えの理由としては

「現市庁舎の老朽化や周辺約20か所もの民間ビルに分散している市役所機能を一ヵ所に収める」

といった常識的な物です。

さて、現段階で私が特に着目しているのが夏季五輪に間に合わせる理由と、何を持って夏季五輪に間に合った、とするのかという2点です。

間に合わせる理由については今回再質問したところ、変わらず

「夏季五輪に整備が間に合えば、賓客をお迎えすることができ、横浜を国内外に発信する事が出来る絶好の機会になるなど、整備効果もより高まるため大会開催前の営業開始が望ましい」

という答弁でした。

また、何をもって間に合ったとするのかについては、

「工事が完了し、新市庁舎に集約する全ての部署が移転を終え、国内外から来訪する賓客をお迎え出来る状態になっている事だと考えている」

との事です。

 

本当に間に合うのかな?

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ