しがらみのない政治

2016年02月02日 (火)

ふるさと納税を問う

 

昨年の市会本会議で市長に質問しました。報告いたします。

 

私は「ふるさと納税制度を横浜市でも実施しろ!」と言っているのではなく、ふるさと納税制度の利用者が神奈川県内は多いという点に着目しています。

利用者が多いと何か問題でも?という事ですが、大問題です。

県内住民のお金が県外に使われているという事です。

これは、県外の経済活動に貢献しているという事です。

さらに、ふるさと納税制度の利用によって市県民税が控除されます。

つまり、本県本市の県市民税収入が減っているという事になります。

この制度の県内適用者数は1万4千人、寄付金額は12億8千万円、控除額5億6千万円で、全国の都道府県と比較してみると神奈川県は東京に次いで依然第2位です。

横浜に限定した数字が掴めないのが残念ですが、私はこの二重の痛みを被っている状況を策により好転させるべきと強く思っています。

林市長に説いて市長はどう思うか問うてみたのですが「これまで通りで良いと思う」という内容の答弁でした。

 

このダダ漏れの状況が良い訳ないですよね。

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ