しがらみのない政治

2014年05月22日 (木)

超特質な有形物

庚申塔【こうしんとう】という物、皆さんご存知でしょうか。

道路際に置いてある一見墓石の様な石物です。

この庚申塔、行政における位置付けはどうなのでしょうか。

今回はこの「超特質な有形物」について行政の対応を綴ってみます。

 

庚申塔は日本国内においては庚申信仰の産物で地域信仰という見方がされます。

そのため、「地域の物」という超曖昧な位置づけなのですが、有形物として実際に道路際等に存在しているので行政は逃げ切れません。

そこで、関連が深いであろう道路局と土木事務所、文化財を所管している教育委員会事務局に聞いてみました。

道路局の方針としては、道路上の占用許可は一切与えていないそうです。

ただ、現況がどうなっているのかというと、行政事業の際に移動が余儀なくされてしまったものは、地域の人と相談の末、近くの神社やお寺に移動されることがあります。

道路沿いの民有地や道路際に戻ることや、公園内のモニュメントになることもあります。

形は様々ですが、地域の方や行政の方のご苦労により、今日まで保存されているのです。

 

2014年05月05日 (月)

5000人増

 

平成26年度予算が可決、執行され1カ月が経ちました。
泉区においては、相鉄ゆめが丘駅周辺開発促進のため予算が配分されております。
と言っても26年度中に目に見える変化は起こりませんが、関係者の動きや事務方の動きが顕著化してまいります。
ゆめが丘駅周辺開発は現在の耕作地から居住スペースへの転換を前提として計画が進められているのですが、この開発により夜間人口は約5000人の増加が見込まれています。
夜間人口と言うのは夜間に生活している人、つまり概ね住んでいる人を指します。
5千人という数字は非常に大きなもので、その日常生活を支えるための商業施設誘致や各種インフラの整備について今後徹底した準備が必要とされます。
駅は市営地下鉄下飯田駅も接地していますので、電車移動については非常に恵まれたエリアと言えます。
一つの街が誕生するのですが、稼働世代と言われる働く世代の流入が見込まれておりますので、活気 のある街が誕生するようです。

 

 

2014年04月20日 (日)

国内における都市間競争

 

私は議会での発言の際に「都市間競争」という造語を多用しています。
都市間競争とは文字通り他都市と競うのですが、何を競っているのかと言うと、ズバリ人口動態です。
日本国は既に人口減少化社会に突入しています。

私たちの住むこの横浜も統計分析によると2019年より人口減少が始まるという推計が出されています。
私は保守的な議員ですから子孫繁栄という言葉がそのまま国の繁栄、横浜市の繁栄だという政治信条を持っております。
言い換えると人口減少は、衰退となります。

さて、先般こちらで報告したIR(カジノを含む特定複合観光施設)は、他都市に無い魅力・特色として、今後若い世代や稼働人口(労働力人口)の流入には効果的であるとにらんでいます。議会においては、少子高齢化による人口減少がハイライトされ、その対策ばかりが議論されていますが、我々みんなの党横浜市議団は平均年齢40歳、横浜市に対し受け身(受動的)で攻撃的(能動的)な政策提言をしております。

 

2014年03月30日 (日)

ついに!ついに深谷通信所が6月に返還!

 

平成26 年3月25 日、丸井博防衛省南関東防衛局長が横浜市庁舎を訪れ、林市長と面会し在日米軍施設・区域の返還等に係る日米協議の内容について説明をしました。

説明内容は、神奈川県における在日米軍施設・区域の整理等に関する施設調整部会の協議内容についてで、1945(昭和20)年9月2日より米海軍に接収されていた深谷通信所については、本年6月末までの返還を目途に、速やかに返還に向けた手続きを開始する、というものでした。

私は市議となって以来、3年間連続で基地対策特別委員会に所属し、深谷通信所の返還運動に取り組んで参りましたが、これらの取り組みが実を結んだ瞬間に立ち会う事が出来て本当に感無量です。

さて今後のスケジュールですが、深谷通信所77haは国有地ですので、米海軍が日本国に返還するという事です。

その後国有地のままの77haを横浜市に無償で貸すという予定です。

具体的な跡地利用については防災公園としての役目が果たせるスポーツ公園が有力ですが、引き続き注視してまいります。

2014年03月10日 (月)

IR~カジノを含む特別複合観光施設

 

現在、国では民間資本による特定複合観光施設(IR)の議論がされています。

なぜ観光施設が議論になるのかというと、民間賭博は法律で禁止されているため、国の法律改正から議論をしていかなければなりません。

法改正後、国内に数カ所の特区をもうけるであろう、という流れですので、その対応について横浜市でも議論が始まりました。

今後国内の基礎自治体が名乗りをあげて特区指定を競う事になる様です。

因みに横浜市議会では、カジノばかりが議論をされていますが、IRとは会議場や展示場、宿泊、レクリエーション施設などが一体となった施設を指し、カジノはその中の一部分です。

横浜市は4月より執行される予算の中に、このIRの調査費として1,000万円を計上しています。

我々みんなの党横浜市会議員団は、IRは財政再建には有効と確信しているので、指定誘致に現段階では賛成です。

今後、準備段階の調査や、名乗りを上げた後の行政内の体制構築については後押しをしていく方針です。

2014年02月15日 (土)

アニベルセルからの贈物

 

2月、3月と横浜市会は会期中です。

今議会においては4月から執行される平成26年度予算の編成に目が行きがちですが、現年度の残り数カ月分の補正予算と同時に一般的な議案や報告もなされます。

ここでは、報告事項として扱われたものを取り上げて綴ります。

MM21エリアに新たに結婚式場が完成しました。

非常にインパクトを与える建物ですので建設予定発表時に一悶着あったのですが、遊園地・観覧車の隣ですので周辺に馴染んでいる様に私は思います。

さて今回この施設が自費約5,145万円をかけて、隣接する横浜市の土地に特注の手すり設置とインターロッキング舗装をし、横浜市に寄贈しました。

結婚式場側は自社施設に馴染むデザイン処理のための初期投資をしたわけですが、横浜市が受納したという事は、受納後は横浜市が管理をするという事になります。

水際の通路部分約1,250㎡という条件地ですので経年劣化も早そうです。

10年後、20年後のメンテナンス・改修工事について懸念が残ります。

2014年01月30日 (木)

分派

 

平成26年も1月31日より議会が始まっております。

会期は3月25日までで今回の第一回定例会は4月より執行される横浜市予算を審議する一番忙しい議会です。

さて、私の所属しているみんなの党横浜市会議員団が1月10日に分派、横浜市議会の中の会派構成に変更がありました。

平成23年5月より14人で構成されていた会派(党所属13人+無所属1人)ですが、みんなの党横浜市会議員の年末大量離党に伴い、4人と10人に別れました。

私は離党していませんので4人(党所属3人+無所属1人※注)の中の1人という形で平成27年4月の統一地方選挙まで議会活動を進める事になります。

4人平均年齢40歳の子育て世代、三世代同居もいます。

革命思想とは一切無縁ですが保守系の中における改革推進派議員ですので意思疎通がスムーズになると予想されます。

行財政改革推進とともに高齢者の意見・子育て世代の意見、今後も行政に反映していきます。

(※注)その後、無所属の3期目の大桑まさたか議員が正式にみんなの党に入党しましたので党所属4人となりました。

2014年01月03日 (金)

政党と会派

 

引き続き、みんなの党の横山勇太朗です。

さて、みんなの党国会議員の大量離党がありました。横浜市議会はどうかと言うと、やはり離党者がでました。離党市議、その数10名、残った議員はわずか3名という状態です。

突然のTVK集団記者会見で離党表明が行われたため大きな遺恨を残しました。

政党を辞める場合は離党。では会派とは何でしょう。

会派とは、議会の中にだけ存在し、そのメンバーは政党問わず一緒に行動する事が認められている議会独特のグループです(※派閥とは全く違います)。

設立も解散も構成員も全て公式な書類を作成し、議会で受理されるものです。

そしてその書類には会派の長(団長)の印鑑がなければ無効です。

つまり会派における最終決定権者は団長という事になります。

しかし、今回の離党者にはその団長も含まれているため、私個人の意思では手続き上どうにも出来ない縛りが存在します。

各会派には市庁舎内に団体用の部屋が与えられて机を並べ仕事をします。

各種仕事も分担し、メンバー同士がお互い信頼しあって成り立っています。

つまりメンバー同士の信頼関係が無ければ成り立たないグループです。

時期的に一番混乱する議会開会中の離党、しかも突然でしたので多くの信頼関係が損なわれました。

国会議員ですら国会の混乱を避けるため、国会閉会後に離党を実施しました。

市庁舎内の自分の机に重要な物を置けない日々が続いています。

一刻も早く会派を分裂(分派)すべきでしょう。

2013年12月10日 (火)

ICカードはロジック方式

 

平成26年4月1日からの消費税8%への引き上げに伴い、市営バスは同時期、市営地下鉄は6月より運賃の値上げを行うという議案を横浜市交通局から提示されました。

8%の後には10%への増税が待ち構えていますので当局の対応も慎重です。

 

さて、値上げ額が気になるところですがその前に支払い方法についてお話します。

平成24年の実績によりますとPASMOやSuicaといったICカードによる支払額はバス75%、地下鉄76%となっています。

これは定期外、俗に言う定期券という物以外の数値ですので、横浜市内は意外と普及しているものなんだなぁといった印象です。

因みにこのICカードはジュースの自動販売機でも使えるので正直言って便利です。

さてここから値上げ額の話に入ってゆきますが、値上げに際し、ICカードによる運賃払いと、現金による運賃払いに違いが出る予定です。

ICカードによる徴収は最小1円単位まで適応されるのに対し、バスの現金払いや地下鉄の切符購入の場合は現行と同じ10円単位となります。

全てにおいてICカードの方が同額か安くなる様に設定されており、最大の幅は8円となっています。

 

私からの

「消費増税10%実施以降は当分の間増税は無いと思われますが、その間もICカード払いに関しては一円単位の徴収が続くのですか?」

との質問に対し、交通局長より

「そうです」

との回答がありました。

今後さらなるICカードの普及が進むと思われます.

因みに、券売機にてICカードで切符を買う事も出来ますがその場合は現金の値段です。

2013年11月06日 (水)

ザ 横浜美術館

先日市議会で横浜美術館について質問する機会がありました。

その際にお蔵入りにした議論について綴ってみます。

 

横浜美術館の概要ですが、当館は横浜博覧会開催と同年である1989年に開館し、2008年4月より行財政改革の一環として指定管理者制度によって、横浜市の外郭団体である公益財団法人横浜芸術文化振興財団に管理運営が委託されています。

指定管理者制度とは横浜市の施設の管理運営を外部に委託する制度です。

競争原理の働いている民間の知恵の注入により、サービス向上と支出を減らそうという政治的な狙いです。

そもそも美術館を保有するという事は財政面で大きな負担となっている訳ですが、そこまでして何故横浜市は美術館を手掛けるのでしょうか。

色々な理由や立派な名目は存在していて、それを聞けば「そうだよね~」となってしまうところです、

が、

私見としては合理的理由は見つけられません。

「結局は横浜の面子にかけて手掛けているだけ?」といったところです。

 

さて、今後の見通しですが横浜美術館や動物園が独立行政法人化の道を選ぶ可能性が高いと思われます。

指定管理者制度だと基本的に5年間という契約期限が設定されていますが、美術館や動物園の働き手には、公園の管理とは違って職員の育成や熟練といった専門性が必要とされます。

しかし、それらは民間も同様です。

しかも民間はリストラや組織自体の倒産が付きまとう時代ですからもっと厳しいですね。

公務員は公務員法により、リストラとは無縁の世界です。

そこで競争の原理というものが働くかどうか・・・

バスや電車の運転手同様、職員が公務員というのは不自然だ、というのが我々みんなの党の論調です。

 

独法の内容については深い調査分析と多くの議論が必要です。

そもそも独法化については「既定の仕組み」ですので、持続可能な運営が可能と思われる全く新しいシステムを考案しなければならないのか・・・

多岐にわたる議論が発生する中ですが、私としては負けない知識で議論に臨んでいきたいと思います。

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ