しがらみのない政治

2015年05月26日 (火)

改選後一発目!

 

横山ゆうたろうです!約一か月半ぶりの紙面報告です!
さて4月12日に実施された横浜市会議員選挙後、横浜市議会は最初の議会が始まっています。
会期は5月15日より同月29日と、大変短い議会です。
我々当選者は改選後最初の議会を迎えるに当たり、事前に決めておかなければならない事務的な事が沢山あります。
初当選の時とは違い二期目ですので多少なりとも近道は出来たのですが、選挙の後片付け、議会に関する作業、そして鯉のぼり大会、全て同時進行ですのでやはり混乱の日々といった感じでした。
議会関連の話に進みますが、横浜市会議員は選挙の当落に関わらず4月29日までが任期です。
つまり4月30日から次期に突入しますのでそれまでに会派議員構成・会派名・会派名の略称・控室の引越し・本会議場の席・これらを市議会事務局に届け出て、完了しなくてはなりません。
その他、平成26年度の政務活動費の決算書類や資産公開書類、細かい物も記述してみますと口座や駐車証発行の届け出なども終了しなければなりません。
さらに我々議員は、15日より始まる横浜市議会での審議が本業ですので所属する常任・特別両委員会の選定や、市議会で審議される議案の事前説明も受け、事前に調査も開始してゆきます。
今後4年間も紙面にて月に2回のペースで皆様に市政全般について報告をして参りますので、改選前同様ご愛読の程よろしくお願いいた します。

 

2015年05月09日 (土)

無所属保守の会

 

会派無所属保守の会を結成しました。

団 長

大桑正貴(1973) 【4期】 無所属 栄区

副団長

横山勇太朗(1973) 【2期】  無所属 泉区

政治思想は保守ですが、時代に合った改革を推進して参りますので、応援の程よろしくお願い致します。

2015年04月01日 (水)

任期中最後の議会

3月20日、第一回横浜市会定例会が閉会しました。

平成27年度予算が主たる審議内容でした。
前回も報告いたしましたが、横浜市の次年度予算は約1兆5,000億円で赤字額の計上です。
過去最大の一般会計予算が組まれたのですが、主な要因は、増え続ける扶助費、そして防災減災対応のための事業です。
我々の会派はこの過去最大規模の予算に賛成をしました。
政治の目的は「国民の生命と財産を守る」事であり、公共事業による対応を急がなければなりません。
その他皆さまの生活に欠かす事の出来ない行政サービスも、前年同様継続し実行しなければなりません。
それらを合計した結果が今回の1兆5,000億円という数字となって次年度に執行されます。


今回の定例会が私の任期中最後の議会だった事と合わせ、今回の市政報告も又、任期中最後となります。
4年間タウンニュース紙面をお借りしての市政報告速報、ご愛読頂いた皆さま方に感謝を申し上げ、今回で一旦区切りとさせていただきます。

 

 

2015年03月30日 (月)

次男(2才)いじけてます

今朝、妻がちょっとだけ外出しましたので、その間子守をしていました。

次男(2才)がなかなか悪ガキになってきましたので、「こらっ」と叱ったらいじけて長時間悶絶していました。

横眼が何とも言えず・・・

次男が叱られていじけている様子が嬉しい長男もどうしたものかと・・・



2015年03月26日 (木)

中学生のお昼ごはん

3月20日、横浜市会第一回定例会が閉会しました。

私の任期中最後の議会でもありました。
私は4年間、中学校における給食の実施については根気良く議論を重ね、こと私自身の役割りとしては、4年前14名によるみんなの党横浜市議団発足当初より推進チームの班長を務めました。
他都市の実施の事例や法律を深く研究することで理論武装もし、4年の議員人気の間、一丁目一番地の推進政策として議会で取り上げてまいりました。
学校給食法第1章第4条、そして第4章第11条などは議論の要でしたね。
「親子調理方式」などは全国的にも珍しい方式だったため、北九州市まで行きました。
こちらについては理に適った立派なシステムであり、同時に私が調査の楽しさを覚えた事例でもありました。

さて、、4年前、、

当初、は小学校と酷似した内容の給食を推進しておりましたが、非実施の方針を譲らなかった行政や林市長の姿勢も都度硬直。
しかし行政サイドと理解し合う事により徐々に軟化し、みんなの党市議団分派後は我々は公明党の推奨している昼食に類似した方法を推進し、成果を出す事が出来ました。
事前の注文式ではありますが、平成27年度内に全中学校で、バラエティー豊富で温かいお昼ご飯を提供するシステム構築が完了します。


さらに3月18日には私の会派の平野議員の代表質問「公費の投入や大量生産によって一食350円前後という設定単価を下げていく努力をしてみてはどうか」に対し、「がんばる」という林市長からの答弁も頂きました。
「給食か昼食か」という言葉の遊びとは決別し、前進あるのみです。

公明党様に感謝申し上げます。横山ゆうたろう

 

2015年03月16日 (月)

プライマリーバランス(基礎的財政支出)

 

日本語ですと基礎的財政収支というもので、国や地方公共団体の財政の状態を表す指標の一つとして使われる言葉です。
説明文を書いてもややこしいので、潔く省きます。
さて、世の中何をもって赤字とするかで考え方が違ってくるのですが、早い話、横浜市はこの指標上「黒字」です。
しかし実は、横浜市は独自の指標として「横浜型プライマリーバランス」というものを用いており、これが通常のものより厳しい設定ラインを引いています。
これは通常型の借入金の元利払いだけでなく、横浜型は元本金も少しずつ返済しているからです。
ちなみにこの厳しいラインを利用している都市は福岡市・千葉市・横浜市の3市だけ。
現在横浜市議会は次年度予算の審議中であり、次年度予算案は「横浜型で赤字」「通常の国内共通版で黒字」です。

①震災対応を急ぐべきか
②借入元本金を未来へ先送りすべきでない

といったトコです。
この「赤字」と「黒字」の指標に対する考え方で各会派の意見が分かれています。

 

2015年03月03日 (火)

水道局民営化の議論

 

 

公設民営【こうせつみんえい】という言葉があります。これは公共団体(国市町村)が設立し、その管理運営を民間に委託することです。
民間で出来る事は民間にお任せしましょう、競争の原理がある民間にお任せすれば知恵が働きサービスや運営が向上して行くであろう、という考え方です。
さて横浜市を始め、日本国内外においても、交通事業と水道事業に白羽の矢が立っていて、横浜市では一般会計と別けて扱われています(公営企業会計)。
横浜市水道局は、水道メーターの検針は民間団体に委託しています。
検針するだけですからね、難しくありません。

しかし私は、浄水場や水道管の管理の民営化は「するべきでない」と考えています。

役人や組合の回し者みたいで滑稽ですねハハハ
※一切支援は受けておりません、私の自論です。

水の管理はキッチリとやらなければなりません。
何故なら水は空気や大地と同列に位置付けているからです。
人間生活において大切な大切な要素ですので事業が滞る事はあってはなりません。
近年、海外においては完全民設運営が進んだ水道事業に無理が生じ、公設民営や完全公営化になる(戻る)が多発しています。

 

2015年02月16日 (月)

水素ステーション

 

泉区上飯田に水素ステーションがオープンします。
FCVという水素を燃料とした自動車の補給用で、仕組みは燃料電池で水素と酸素の化学反応によって発電した電気エネルギーを使って、モーターを回して走る自動車です。
ガソリン自動車が、ガソリンスタンドで燃料を補給するように、燃料電池自動車は水素ステーションで燃料となる水素を補給する事になります。
排気が水蒸気だけという事や、エネルギー効率がガソリン車の二倍近いなど、とにかく良いこと尽くめ、期待ができます。
さて、こういった新しい物が世の中に出現しますと色々な分野に波及します。
とりわけ私自身は消防団に入っておりますので、大地震直後や火災時における横浜市消防局や消防団の対応について疑問です。
水素ですので水素爆弾を連想してしまいます。
私の近所ですので、出動の義務があります。
しかし全く素人の私たちには近寄ってよいのかどうかすら分からないのが現状です。
この疑問、3月2日の議会で質問してみる事にしました。

 

2015年02月01日 (日)

市営地下鉄快速運行

 

計画案に進展がありましたのでご報告します。※確定ではありません。
以前の報告では「泉区内の駅への停車は厳しいのではないか。」と私は書いたのですが、大外れ。
泉区内の駅、下飯田、立場、中田、踊場は全部停車する可能性が高まってきました。
正直目が点になりましたがカラクリは下記。

快速運転はその名の通り、早く走りますので普通(各駅)運転の車両に追いついてしまいます。
つまり快速車両は、普通車両を追い越す必要があります。
普通運転は快速の通過待ちをしなければならないのですが、通過待ちが出来る駅、つまり片側2車線を保有する駅でのみ可能となります。
幸か不幸かと言ったところですが、【下飯田⇔踊場】の間には該当する駅がありません。
更には、「泉区をないがしろにして湘南台(藤沢市)の人が便利になっていいの?」という議論もあった様です。
結果、この間の駅は全駅停車という議論がされています。

戸塚駅から横浜方面は一気に停車駅が減りますので、便利になりますね。

 

2015年02月01日 (日)

雪が積もりました。

1月30日、雪が積もりましたね。

私は議会があったので朝から家にはいませんでした。

関内や臨海部では大した降雪ではなかったようですが、私の地元横浜市泉区ではそこそこ雪が積もりました。



長男(5)と次男(2)は朝から庭で雪遊びで楽しんでいたようです。

昨年は記録的大雪がありましたが、当時1才だった次男はまだ自立歩行をしていなかったので、今年の1月30日が雪遊びデビューとなりました。

いい笑顔です。

 

ゆうたろうの活動報告

カテゴリ

バックナンバー

このページのトップへ